冒険の書

27歳と6ヶ月のときに未経験でITエンジニアに転職した元派遣会社営業職(文系)が綴るブログです。同じように20代後半から未経験でIT技術者に転職することを検討されている人に「27歳からの未経験がどれだけ成長できるか」という点などで参考になれば幸いです。

Lenovo T440p Ubuntu 14.04 をアンインストールし Windows 8.1 を再インストールする方法

Lenovo T440p にインストールした Ubuntu 14.04 が不要になった。元々インストールされていた Windows 8.1 を再インストールすることにした。当初、懸念していた Ubuntu のディスクからの消去は Windows の機能でディスクを完全消去することで無事解消できたが、別件で悩まされたので備忘録として記録する。なお、筆者も詳しくはなく、かなり適当な設定変更であるため、そのあたりも留意されたい。

 ディスクを完全消去後に再インストールが実行不可

 ディスク完全消去後に再度、言語、キーボードを選択するが、途中で80004001のエラーが発生して立ち行かなくなる。考えられる原因は、ディスク完全消去後に表示された「Comfirmation」という内容。

表示された内容は、TPM(セキュリティチップ)に関したものだ。調べたところ、BIOSから変更可能だという。

BIOSTPMに関する設定を変更する

Lenovo T440p では、F1 で BIOS 設定画面へ遷移する。

  • セキュリティ関係の動作をすべて Disabled にする。
  • それだけでダメであれば、Restart タブに存在する デフォルト設定に関する設定を無効にする。

以上

 

なお、Lenovo T440p には、Windows 8.1 のリカバリディスクが存在しない。そのため、USBに同機能を作成する必要がある。リカバリディスク自体の作成方法は、他のWEBサイトを参照されたい。

 

また、今回、筆者が使用した機器は以下である。