冒険の書

27歳と6ヶ月のときに未経験でITエンジニアに転職した元派遣会社営業職(文系)が綴るブログです。同じように20代後半から未経験でIT技術者に転職することを検討されている人に「27歳からの未経験がどれだけ成長できるか」という点などで参考になれば幸いです。

【IT系】openSUSE11.3にkvmで仮想マシンを作成してみた。

仮想マシンを作るにはいくつか方法があります。

  1. virt-managerGUIでの作成。
  2. virt-install コマンドによるCUIでの作成。
  3. qemu-kvm コマンドによるCUIでの作成。

以前は、1で成功して、2では失敗してしまった。残念ながら、理由は覚えていない。

ちなみに、その時に環境は、Lubuntu14.1とかだったかな。(うろ覚え

 

んで、今回は、上記すべて全滅。

  1. GTKが初期化できなかったから。
  2. 以前失敗したので、そもそもやっていない←
  3. macアドレスが重複しているとのこと。

うん。2をやるべきだったが、面倒だった。こういうところが仕事ができない所以なんだろうなorz

ほんと、直さないと…

 

話変わって、今回成功したのは第4の方法-仮想マシンマネージャより作成。

まぁ、これは、SUSEだけの方法かもしれないから、あまり参考にならないかもしれないけど、SUSEユーザのお役に立てればと……。

といっても、これ、以下のURLをそのまま実行しただけなんだよね。

水銀室 仮想化ハイパーバイザKVMとQEMUを動作させる -openSUSE Linuxデスクトップ環境構築-

まんま、この通りにしたら、仮想マシンが作成出来ました。

 

以下、個人的な備忘録

  • インストール後、eth0は起動していないため、ifcfg-eth0でonboot=yesに変更し、networkをrestartすること。そうすれば,pingは通る。他は知らん。

以上