冒険の書

27歳と6ヶ月のときに未経験でITエンジニアに転職した元派遣会社営業職(文系)が綴るブログです。同じように20代後半から未経験でIT技術者に転職することを検討されている人に「27歳からの未経験がどれだけ成長できるか」という点などで参考になれば幸いです。

KVMでやっとゲストを作れた

現在、以下のような構成です。

 

ゲスト=CentOS

ハイパーバイザ=Ubuntu14

仮想化ソフト=VMware Player

ホスト=Win7

 

このような感じでネステッドしてます。

 

そして、どうにかこうにか、本日ゲストOSを作成できました。

まだまだ、課題だらけですが、とりあえずここまでの紆余曲折を記したいと思います。

今回は、会社のPCで行ったので、必要なPKGとか詳細を伝えられないんですが

自宅PCを新調したので詳細は、またの機会に。

 

■トラブル1~ファイルが存在しない~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

error: failed to connect to the hypervisor

error: Failed to connect socket to '/var/run/libvirt/libvirt-sock': No such file or directory

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●発生状況

virsh-install時

▲発生原因

'/var/run/libvirt/libvirt-sock'が存在しないから。パス不正も含まれる。

☆解決方法

 '/var/run/libvirt/libvirt-sock'は、/etc/init.d/libvirt-bin を実行すると生成される。

 

■トラブル2~ゲストが存在しないのに、名前が使用済み~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

kvm guest name already in use

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●発生状況

virsh-install時

▲発生原因

virsh-installが失敗するが、その名前でファイルだけ生成できてしまった場合に起こる。

☆解決方法

そのファイルを消す。自分の場合は、GUIvirt-manager)から消した。

 

■トラブル3~ネットインストールの際、”:(コロン)”が打てない~

●発生状況

virsh-install時

▲発生原因

諸説あり、複雑なことと調査不足のため詳細は控える。おそらく、ネステッドとターミナル辺りが関係するのかと…。

☆解決方法

1-言語は日本、キーボードは”uk”を選ぶ。→ Shift + "^"で可能

2-はじめから、GUIvirt-manager)でインストール。

すると、言語=日本、キーボード=日本でもうまくいく。

 

さしあたり、こんなところ。

しかし、ゲストを作ったのはいいが、いかんせん重くてこれじゃ他に作業ができない。

こまった