冒険の書

27歳と6ヶ月のときに未経験でITエンジニアに転職した元派遣会社営業職(文系)が綴るブログです。同じように20代後半から未経験でIT技術者に転職することを検討されている人に「27歳からの未経験がどれだけ成長できるか」という点などで参考になれば幸いです。

自宅PCにハイパーバイザ導入を検討

最近『仮想化』にとても興味があり、どうせならハイパーバイザ上にwindowsを立てて、windowsをネットサーフィン用に、linuxを勉強用にすればいいんじゃない?って思った。

ということで、タイトルの通り『自宅PCにハイパーバイザ導入を検討』中です。

 

■まず、現状のPC所有状況をまとめる。

デスクトップ・・・1台

 ベンダー:Dell

 機種:vostro200

 OS:Vista SP2 32bit

 CPU:Core 2 Duo E7200 @2.53GHz

 Mem:2G

 備考:シャットダウンできないことがある。

    ディスプレイが映らなくなることがある。

ノート   ・・・1台

 ベンダー:東芝

 機種:Qosmio

 OS:windowsXP → CentOS6

 CPU:Celeron

 Mem:1G

 

■続いて、ハイパーバイザ上でwindowsを動作させる条件。

・完全仮想化ができること=CPUが仮想化支援機能を持っておりかつBIOSでその設定ができること。

※CPUがIntel-VTなどで仮想化支援機能を持っていたとしても、BIOSで仮想化をONにできなければダメらしい。

 

■ハイパーバイザの選択肢。

・ESXi

KVM

xen

KVMを選択します。

理由①OSSだから

ESXiも無料(ユーザ登録?しないと60日の試用制限アリ)だけど

プロプライエタリより、OSSの方が可能性や情報の鮮度が高そうだから。

理由②無料だから

 

■導入構成

①仮想化支援機能つき、ノートPCを購入

windowsを抜いて、CentOSホストにする。

CentOSKVMを入れて、完全仮想化。

KVM上でwindowsをゲストとして立てる。

⑤ゲストのwindowsでネットサーフィン(動画鑑賞等)ができれば成功!!

 

目下の課題。

・購入PCの選定。

・上記の予算捻出。

・会社PCで、KVMの検証。

 

ちなみに、今使っているPCは新PCに移行が済み次第、xenでハイパーバイザ化する予定。