冒険の書

27歳と6ヶ月のときに未経験でITエンジニアに転職した元派遣会社営業職(文系)が綴るブログです。同じように20代後半から未経験でIT技術者に転職することを検討されている人に「27歳からの未経験がどれだけ成長できるか」という点などで参考になれば幸いです。

『July Tech Festa 2014』 の感想

最近、とても『仮想化』という分野に興味があります。

先日開催された、July Tech Festa も午後から参加しましたが

すべての時間を有意義に過ごせました。

目的は、LPIC君のぬいぐるみとLIPC304の技術説明会だったんですが

目的のぬいぐるみも貰え、説明会ではSUSEのハンズオンも見られ満足でした。

といっても、僕はまだレベル2の勉強中でして、304は程遠いんですけどね苦笑。

 

ただ、最近、本当に仮想化に興味心身でレベル2の勉強とか、

業務で必要なapacheの勉強とか正直、興味が薄れてますorz(でも、がんばりますよ!

LPIC201は7月5日受験予定。

 

JTFで他に参加したイベントは、『さくらのクラウド』2万円クーポンつきハンズオン。本当の初心者向け(講師いわく、本当の初心者向けなので黒い画面はでないとのこと)だったので、参加者は他のイベントに比べると少なかった気がします。

技術系のこういったイベントの現状を知ると、やっぱりこういうところに来る人ってもうその時点で相当な技術レベルを持った人たちで、自分みたいなビギナーが来るには場違いだなぁ、と痛感しました。

でも、そんなこといってちゃ他の人たちと同じなんで、良くも悪くも足並みそろえず、これからも参加していきたいと思います笑

 

最後に、DMMの中の人が運用の裏側を見せてくれたんですが、まだエンジニア暦半年の自分としては、スケールが大きくて「すごい」という小並感しかでなかった。残念。

次回は、もっと具体的な感想を述懐できるようになりたい。

 

余談だけど、こういうイベントっていろんな意味で太っ腹な気がした。

技術的な話もそうだけど、飲み物や食べ物について、好きなものを持っていってください、ってなっていて、かつ一人当たりの制限もない模様。(もちろん、常識の範囲だと思うけど)

前職で仕事のつながりで参加させていただいたイベントでも、食事の内容が『豪華』ではなく『豪快』だったことを記憶している。

そして、飲み物とか、一本で2日分の野菜を摂取できるものを用意していたりとか健康面でのサポートもしていて、業界としては微妙だけど、コミュニティとしてはとても整備されているのかもしれない。

この調子で、どんどん技術系イベントにも参加していくつもり。もちろん、自分の技術レベルも上げていくのが必須!!

 

 

f:id:Royec:20140628134134j:plain