冒険の書

27歳と6ヶ月のときに未経験でITエンジニアに転職した元派遣会社営業職(文系)が綴るブログです。同じように20代後半から未経験でIT技術者に転職することを検討されている人に「27歳からの未経験がどれだけ成長できるか」という点などで参考になれば幸いです。

VMwarePlayer上のCentOSにDNSサーバを構築する。~導入編~

使用環境

ホストOS:WindowsXP Professional SP3

ゲストOS:CentOS5.9

仮想化SW:VMware6.0.1

使用ソフト:BIND9.3.6

 

CentOS5には、デフォルトでname.confファイルがないため、パッケージ"caching-nameserver"をインストールしてください。

そのままでもいいらしいですが、僕はnamed.confにコピーしました。

さて、named.confの設定ですが、ほとんど元のままで結構です。

options {
        listen-on port 53 { 127.0.0.1;
                            192.168.11.0/24; }; ←DNSサーバが受け付けるインターフェイスのIPを指定する。
        listen-on-v6 port 53 { ::1; };
        directory       "/var/named";
        dump-file       "/var/named/data/cache_dump.db";
        statistics-file "/var/named/data/named_stats.txt";
        memstatistics-file "/var/named/data/named_mem_stats.txt";

        // Those options should be used carefully because they disable port
        // randomization
        // query-source    port 53; ←他のネームサーバに問い合わせる際のポートを指定。
        // query-source-v6 port 53;

        allow-query     { localhost;
                          192.168.11.0/24; }; ←問い合わせを受けるホストを指定します。allow-query-cacheが設定されている場合、allow-query-cacheが適用される。
        allow-query-cache { localhost;
                            192.168.11.2; }; ←キャッシュを利用させるホストを指定します。
};
logging {
        channel default_debug {
                file "data/named.run";
                severity dynamic;
        };
};
view localhost_resolver {
        match-clients      { localhost; };
        match-destinations { localhost; };
        recursion yes;
        include "/etc/named.rfc1912.zones";
};
-------------------------------≪ここから追記≫------------------------------
view localtest { match-clients { 192.168.11.0/24; }; ←問い合わせ元を指定。 match-destinations { 192.168.11.10; }; ←宛先ネームサーバのIPを指定。 recursion yes; include "/etc/named.rfc1912.zones"; }; -------------------------------≪ここまで追記≫------------------------------